アスペルガー症候群の病気と症状などを理解する

対人関係に問題が生じる

アスペルガー症候群の人は、対人関係に問題が生じるケースが非常に多いです。
上手く会話ができない、相手の話を理解できない、全く違う話題を話してしまうなど、コミュニケーションが円滑に取れないのです。

lepc3

人見知りや恥ずかしがり屋とはまた違う

ただ、人見知りの人や、恥ずかしがり屋の人も、会話が苦手だったり上手く話せないケースも多いです。
しかし、それはアスペルガー症候群とはまた違い、単にその人の性格や特徴を表しているだけなのです。

周囲からはかなり変わった目で見られる

単に人見知りな人とは違って、アスペルガー症候群の人はかなり変わった目で見られることが多いです。
行動や会話も独特なので、明らかに普通の人とは違う目で見られてしまうのです。

【参考】 アスペルガーの症状・特徴・診断

病気というよりは一種の性格でもある

アスペルガー症候群は、病気の一種だと扱われていますが、実際のところは病気というよりは、性格の一種でもあるわけです。

lepc6
元々、人には性格というのがあるわけですから、いい部分の性格もあれば、悪い部分の性格もあるわけです。

1つの個性でもある

例えば、会話が苦手な人、人と接するのが苦手な人、緊張しがちな人、怖がりな人、リーダーシップを発揮するのが苦手な人など、いろんな性格があるわけです。
アスペルガー症候群も、会話が上手くできない、コミュニケーションに難がある、話を理解できないなど、それも1つの個性だと言えるかもしれないのです。

生まれつきなのかそれとも

アスペルガー症候群は、生まれつきその人が持った性格とも言われていますが、一方で育っていく過程の中で、徐々にアスペルガー症候群が生じるいう説もあります。

つまり、親と子のコミュニケーションが上手くいっていなかったり、子育ての方法が悪いと、アスペルガー症候群になってしまうという考え方もあるわけです。

ただ、それに関しては特に因果関係もなく、あまり深く考える必要はありませんし、それに対して責任を感じる必要もないのです。

アスペルガー症候群は治療できるものなのか?

アスペルガー症候群というのは、他の多くの病気と違って、外傷があるわけでもないですし、健康を害するような病があるわけでもありません。

そもそも、病気とはまた違った性質を持っているので、具体的な治療法があるわけでもないのです。

改善させることは可能

ただ、アスペルガー症候群は本人の努力や周囲の配慮によって、改善させることは可能なのです。
そのためには、できるだけ早い段階でアスペルガー症候群であることを認知し、それを改善させるための取り組むをしていくことが大事なのです。

絶対に否定してはいけない

lepc9

絶対にやってはいけないことは、周囲が本人に対して、否定的な目で見たり接したりすることです。
それをやってしまうと、ますます症状が悪化してしまうことになり、その結果大人になって社会に出られなくなってしまいかねないのです。
だからこそ、周囲が他の人と同じように接してあげることが大事になってくるのです。

ストレートに伝える必要はない

アスペルガー症候群であることを、必ずしも本人のストレートに伝える必要はありません。
少し会話が苦手だったり、上手く会話のキャッチボールができないなど、訓練すればいくらでも改善できることを伝えてあげればいいのです。

【参考】 アスペルガー症候群診断チェック

Copyright(c) 2016 lepconnie All Rights Reserved.