目線を合わせて会話ができない

相手の表情への関心が薄い

目線を合わせられない理由としては、幼い頃から相手の表情への関心が薄いのです。
そのため、「目を見てちゃんと話しなさい」と言っても、すぐに目線を反らせたりするのです。
しかし、ここで叱ってしまうと、余計にトラウマを感じてしまい、最悪の場合は会話自体がまともにできなくなってしまうかもしれないのです。

逆のパターンもある

しかし一方で、その逆パターンもあります。
どんな場合でも、相手の目線だけをひたすら見続けて会話をするといったケースもあるのです。
これは、アスペルガー症候群の特徴として、一部分だけに視線が集中することから、それが目線をひたすら見続ける要因になるのです。
ただ、これはこれで別の問題が生じ、目線が合わないと会話ができない、少し視線を逸らすと混乱してしまうなど、そういった症状が起こってしまうのです。

幅広い視野で会話をするには

アスペルガー症候群の人が幅広い視野で会話をするためには、まずは少し距離を空けて、視野を広くして会話をすることが大事です。
たとえ視線を逸らしても指摘をしたりせずに、会話を続けるようにしましょう。

Copyright(c) 2017 lepconnie All Rights Reserved.