普通の人とは感覚が大きく異なる

誰かがいる環境で勉強ができない

例えば、何十人もいるような教室の中で、勉強ができないという子供もいるのです。
多くの人に囲まれた中での勉強は、本人にとっては耐え難い苦痛となってしまうのです。
普通であれば、むしろ周囲に誰かがいて、先生もいるからこそ集中して勉強ができると考えますが、アスペルガー症候群の子供にとっては、それが普通の感覚ではないのです。

夜中に勉強するのが普通に思える

一方で、アスペルガー症候群の子供は夜中に勉強することに、全く苦痛を感じずそれが普通に思えるケースもあります。
しかし、普通の子供からすれば、夜中の眠い時間に勉強をするなんてあり得ないことです。
でも、アスペルガー症候群の子供からすれば、それは至って普通の感覚なのです。

無理に普通の人と同じ感覚にするのではなく

では、アスペルガー症候群の子供を、普通の人と同じ感覚にするのがいいのかと言うと、決してそうではないのです。
むしろ、その子供にとって最も適した感覚を、周囲かサポートしながら見つけていく必要があるのです。
たとえそれが、普通の人とは少し違う感覚であっても、日常生活の支障のない範囲であれば、それが本人にとってはベストだと言えるのです。

Copyright(c) 2017 lepconnie All Rights Reserved.