時間の把握が苦手なケースが多い

時間の把握が苦手とはどういうことなのか

例えば、時間があとどれぐらい残されているのか、どれぐらいの時間で課題をやらないといけないのか、それができないことが多いのです。
その結果、夜遅くまで外で遊んだり、30分以内にやらないといけないことに1時間以上かけたりするなど、そういったことが起こってしまうのです。

どうすれば時間の感覚が把握できるのか

時間の感覚を把握できるようになるには、いきなり完璧にやろうとするのではなく、大まかにでも感覚を掴ませることが大事になってきます。
「きっちり6時までに帰ってきなさい」と言うのではなく、「6時ぐらいになったら帰ってきなさい」と、ある程度誤差が生じてもいいので、少しずつ感覚を覚えていくことが重要なのです。

Copyright(c) 2017 lepconnie All Rights Reserved.