基本的に社交辞令はできない

決して悪いことではない

ただ、嘘がつけない、お世辞が言えないということは、決して悪いことではありません。
むしろ、上っ面の発言をするよりも、ハッキリと正直に言った方がよっぽど印象はいいです。
ただ、どうしても社会で生きていく上では、社交辞令も必要になるので、それこが問題になるわけです。

日々の会話の中で自然と訓練する

無理に社交辞令を言えるように訓練をしても、正直逆効果だと言えます。
これに関しては、日々の会話をしっかりと行うことで、自然と訓練をしていくしかないのです。
円滑に会話をするためには、どういったことを言えばいいのか、それが少しずつでも理解できるようになれば、社会に出てからでも困ることはないのです。

決して周囲が否定をしてはいけない

くれぐれも、社交辞令ができないからと言って、周囲の人がそれを否定してはいけないのです。
確かに、正直に言われると不快に思うことや、少しイラっとくることもあるかもしれません。
しかし、決して悪意があって言っているわけではありませんから、そこをしっかりと理解してあげることが大事なのです。

Copyright(c) 2017 lepconnie All Rights Reserved.