厳しい環境の中でも訓練が必要

簡単な挨拶にも苦労をする

例えば、毎日の挨拶は社会人として、もっと言えば人としてできて当たり前のことだと思います。
しかし、アスペルガー症候群の人は、それができるようになるにも苦労するケースが多いのです。
なぜ挨拶が必要なのか、そもそも挨拶をする意味はなんなのか、そこを理解するのに苦労をするのです。

社会で生きていくための技能を身につけないといけない

ただ、アスペルガー症候群にかかっていたとしても、この先社会で生きてくためには、技能を身につけないといけないのです。
したがって、周囲が協力をしてあげながら、少しずつでも社会に対応するための技能を取得させてあげるようにしましょう。
その訓練を続けていけば、たとえアスペルガー症候群の人であっても、社会でしっかりと生きていくことができるのです。

Copyright(c) 2017 lepconnie All Rights Reserved.